会员注册 会员登录  国资委专项基金建设平台  咨询热线:010-65761182 主办:建筑材料工业技术情报研究所 国家建材技术图书馆   借阅卡 联系我们
微信关注
2528bmi001_1T
1314web_logo
首页 新闻资讯 会议会展 视频培训 图书 期刊 外文期刊 报纸 标准 专利 成果 产品 企业 知识进厂
您所在的位置:首页>>论文报告
鉄筋コンクリート構造物への制振技術の適用に関する研究事例
【文件类型】 【消费金额】2.7 【文章页数】9 【会员操作】  
【文章作者】毎田悠承
【文章摘要】      純ラーメン構造のRC造建築物では,柱·梁が大地震時に大きな塑性変形を受けることになり,コンクリートのひび割れや,主筋の塑性化によって継続使用が困難となる場合がある。これらの問題に対して,1990年代には,高強度のコンクリート,鉄筋を用いた高強度RC部材の研究·開発が進められた。2000年代からは都市部において,タワーマンションのブームにより,超高層RC造建築物が急増しており,柱·梁·非構造部材の損傷制御を実現するために,制振技術を適用したものが多くなっている。また,制振技術の適用·普及は,新築の超高層RC造建築物に限らず,既存の中高層RC造建築物においても,近年広がりを見せている。
【关 键 字】
【卷】56【ISSUE】4【ISSUEID】861D0071    【文章期份】2018    【发布日期】2018/8/28 16:26:23    点击率:0    打印    关闭
首页 新闻资讯 会议会展 视频培训 图书 期刊 外文期刊 报纸 标准 专利 成果 产品 企业 知识进厂
网络市场部:010-65761182 网络技术部:010-51164639  传真:010-65761182 Email:service@chinabmi.com
在线服务 QQ:  
建筑材料工业技术情报研究所 国家建材技术图书馆
京ICP备06002939号 京ICP备000046
Copyright © 2004 chinabmi.com All rights reserved. 中国建材智网版权所有